採用情報

先輩社員の声

トライ&エラーの繰り返しですが、いい結果が得られた時は達成感があります。

入社年度2012年度入社
所属部署開発研究所
出身学部工学部
私の仕事
私の仕事は研究開発で、機能性の塗料分野に関する研究開発を行っております。特に自動車用途に
関する開発を行っております。自動車用途では、様々な物性が要求され、お客様の要求を満たす製品を
提供することは非常に困難です。それを解決するために、製品設計を考えたり、評価方法を考えて、検討を進めることが主な業務です。なかなか思い通りの結果が出ず、トライ&エラーの繰り返しですが、
いい結果が得られた時は達成感があります。
印象に残る仕事
お客様からのトラブル対応です。様々な内容のトラブルがあり、お客様に納得していただける解決に導くことは大変です。しかし、こちらが真摯に対応すれば、お客様からの信頼も得られ、トラブル対応をキッカケに良好な関係を築くことが出来ます。また、同様のトラブルが再発しないように、製品の改良を行ったりすることで、会社の発展に貢献することが出来ます。以上の点で、大変な業務ではありますが、自分にとっても会社にとってもプラスに出来る点が多くありますので、印象に残っております。
当社を選んだ理由
学生時代にエマルジョンの研究をしており、勉強したことを活かせる仕事をしたいと思っていたのはあり
ますが、決め手となったのは会社の雰囲気です。会社説明会で先輩社員と話をする機会があり、若手からでも仕事を任せてもらい活躍できそうな職場という印象がありました。また、面接の際は楽しく和やかな雰囲気で、この会社なら楽しく働くことが出来ると思ったことが、入社した決め手となりました。
会社に入って成長したと思うこと
成長した点はコミュニケーション能力と思います。会社では社内外問わず、非常に多くの方々と接する
機会があります。また、どんな業務も自分ひとりの力で達成することは困難です。社内の様々な部署、
お客様など多くの方々に支えられて、達成することが可能になります。そのためには良好な人間関係を
築くことが大切で、コミュニケーション能力を身につける必要があります。入社して様々な業務を経験し、
多くの方々と接するなかで、コミュニケーション能力の成長を実感しています。
今後の目標
研究者としては、会社を代表する製品を立ち上げることが今後の目標です。会社を代表する製品という
ことは、会社に貢献できる製品であり、世の中にもニーズがあり、社会にも貢献できる製品となります。
自分が立ち上げた製品が世の中を良くできると考えると、研究者としては、とても幸せなことと思います。

企業人として研究活動を重ねてきて、学生の頃は持てなかった視点を得ることができました。

入社年度2016年度入社
所属部署開発研究所
出身学部工学部 応用化学科
理工学研究科
物質生命工学専攻
応用科学コース
私の仕事
私は現在、主に繊維加工や接着剤用途に使用されるポリマーエマルジョンの開発に携わっています。
私は、大学の研究室時代には有機合成を専門としていたので、入社当初はポリマー、特に乳化重合系に
ついては素人でしたが、勉強し、先輩社員に相談しながら実際に重合等の実験を重ねていく中で、
だんだんと反応系やエマルジョンの状態をイメージしながら作業できるようになりました。
今では、複数のテーマを担当し、精力的に製品開発を行っています。
仕事のやりがい・魅力
当社の研究開発部門では、広い範囲の業務に関わることができます。製品開発において、まずは、営業と共にユーザーと会話しながら試作を重ね、その試作品の応用物性評価も自分で行います。ユーザーが納得する試作品が得られれば、スケールアップの検討に移り、工場の実機製造における反応条件を決定するためのデータを収集します。そして、実機での試作時には開発担当者として立会い、不具合が無いか確認します。試作~評価~スケールアップの一連のフローを自ら行えるため、製品開発のイメージを
作りやすく、また、責任と自信を持って業務を遂行することができます。
入社して自身が成長したと思うこと
大学の研究室時代に行っていた研究と、企業で行う研究は目的が正反対です。学生の頃の研究は、
自分たちにとって興味深いモノを作ろう、新しいことを発見しよう、というものでした。ところが、企業では、ユーザーが興味をもつ製品を作らなければならないし、ユーザーが購入を考えられる商品であることが必要です。また、学生の頃はあまり気にしていなかった、法律についても細かく気を配る必要があります。企業人として研究活動を重ねてきて、学生の頃は持てなかった視点を得ることができ、企業人として、ユーザー目線で興味深い製品(=商品)を作るように心がけています。
学生へのメッセージ
当社は、ポリマーエマルジョン等の水系樹脂製品をメインに扱っています。ですが、私は、学生時代には有機合成を専門としており、ポリマーにはあまり接してきませんでした。それでも、入社してから、勉強
すれば十分に間に合います。私以外にも、元々ポリマーを専門としていなかった先輩社員も多数います。
就職活動は、多々迷うこともあるかと思いますが、現在の専門分野にこだわり過ぎず、興味のある企業に
どんどんチャレンジしてみて下さい。

もっとスキルアップして自分ができることを増やしていこうと思うようになりました。

入社年度2009年度入社
所属部署技術管理部
生産技術課
出身学部工学部
応用化学専攻
私の仕事
私の仕事で大きなウエイトを占めるものとして、開発と製造の橋渡しがあります。
開発段階で非常に良いものができても、何十トンものスケールで製造しようとすると反応熱の冷却や混合に支障をきたし、想定した性能にならない場合もあります。そういったときにどうすれば安全に良いものを製造できるのかを考え、対策を打つ必要があるわけです。
また、過去にスケールアップされて本格的に生産されているものでも、時には要求物性に満たないものができることもあります。そんな時に、再発させないためにはどうしたらいいか、例えば2L等の小さなスケールで工場で起こったことを再現し、技術的な対策を考えていくのも重要な仕事です。
仕事のやりがい・魅力
自分で仮説を立てて、その仮説が正しいかフラスコで検証をして、仮説通りに改善できた時はとても達成感があります。
一例としては、ある製品で以前低粘度品ができた際に、どんな反応条件なら安定的に高い粘度のものが生産できるのかを、溶解時の条件が効いているのか、反応の温度が効いているのか、工程中の微細な構造の差が効いているのか等可能性があるものを部の皆のアイディアをもらいながら検討していき、
実際に安定した性状の製品が作れる条件を見つけられた時はとてもやりがいを感じました。
入社して自身が成長したと思うこと
入社して成長したと思うことはいくつもありますが、一番大きなことは安全への意識の変化だと思います。
安全については、化学メーカーである以上反応性が高い物質を原料に製品を作る場合が多いため、
それによる薬傷等の危険性はゼロではありません。
学生の時の研究室での実験では、今にして思えば化学物質の扱いを徹底できていなかった部分もありますが、企業では扱う量も多く、また、そこで働く労働者は退職するまでの長期間化学物質にさらされうるので、自分と同僚の健康を守るために取扱い物質の性質を勉強し、暴露しないような作業の仕方をするように行動を変えられた点は成長したと感じます。
今後の目標
入社当初は開発に所属しており製品開発に携わっていましたが、異動後に生産技術的な課題を担当させてもらう中で工場設備に触れる機会が増えました。
元々の専門が化学分野なのでそれを活かしたラボ検証等をすることが多かったのですが、もっとスキルアップして自分ができることを増やしていこうという中で、これまであまり馴染みのなかった機械・設備関連も担当したいと思うようになりました。
今後は機械関連の知識を学んで、生産性を向上させるような設備設計にも取り組めるようになっていき
たいと考えています。